【箱根】はなをりブログ紹介!口コミと芦ノ湖周辺の観光まとめ

hanaori-review旅行

この記事では、箱根・芦ノ湖はなをりの宿泊体験レビューをブログで紹介しています。

芦ノ湖畔側ではないカジュアルツインの写真付きの口コミと、浴衣、アメニティ、貸切風呂、夕飯、朝食などのビッフェの口コミや、芦ノ湖周辺の観光についてまとめました。

最後に、箱根フリーパスや割引情報についても記載してあります。箱根旅行や神社参拝に行く方のお役に立てたら幸いです。

▼▼楽天トラベルで「はなをり」の価格と予約状況をチェック!
>>箱根・芦ノ湖 はなをり

>>箱根・芦ノ湖のおすすめ観光スポットはこちら【楽天トラベル】

スポンサーリンク

はなをりの口コミ【宿泊体験レビュー】

年末年始に女性人気NO.1の「はなをり」に宿泊しました。

入り口はこちらから↓
hanaori-enter

暖簾をくぐってお庭を歩いていくと…入り口があります。
hanaori

ロビーフロアのテラスには水盤とおしゃれな円テーブル・足湯カウンターがあり、芦ノ湖が望めます。3種類ぐらいのウェルカムドリンクがあり、お土産なども販売されています。
hanaori2
↑↓ロビーでまったり♪

hanaori3
↓夜のロビーも素敵でした♪ここで語らうのもいいですね^^
hanaori-lobby

宿泊したのは、湖畔側ではないカジュアルツインです。
hanaori3
↑入り口もオシャレ♪
hanaori-room2

hanaori-room4

hanaori-room5
お水のペットボトル2本と海老せんべいが2つあり。部屋の状態はキレイでした。

浴衣

浴衣は大浴場に行く前のエレベーターホールに何種類か用意してあります。子供用の浴衣もあり、女性用は5種類くらいあったかも。かなり充実しています。男性用は1種類になります。

部屋の中には、帯と男性用の館内着がありました。
こんな感じ↓
hanaori-cloth

浴衣はないかと思ったから、あってよかった♪

アメニティ

大浴場には、DHCのボディソープ・シャンプー・コンディショナーがあり、翌日髪がサラッサラになりました(笑)その他にも、DHCのメイク落としと洗顔が用意してあります。

女性専用のパウダールームは仕切りで区切られていて、そこにもDHCのアメニティナノスチーマーダイソンのドライヤーが設置。そして、空気清浄機はダイソンの2台稼働!

DHCのアメニティは化粧水、乳液、ヘアオイル、ハンドクリームなどがありました。

DHCで大丈夫なら、基礎化粧品は持参しなくても平気なくらい充実してる!

もちろん部屋にもアメニティは充実しています。

部屋のアメニティは歯ブラシやカミソリ、タオルなど化粧品以外は何でも揃っているので、男性だったらほぼ着替えだけで宿泊できそうです。

貸切風呂

3階にある2つの貸切風呂は、半露天風呂になっています。塀で囲われたほぼ外(ベランダ?)といった感じです。

貸切風呂の料金は40分で3,000円になります。が、当日の予約は厳しいかと。年末年始は、当日のリラクゼーションの予約も完売でした(^^;

事前に貸切風呂に入る予定があるなら、予約は必須です!

源泉は元箱根温泉になります。
泉質は、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム ―硫酸塩・炭酸水素塩泉 など
効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、疲労回復期、 疲労回復、健康増進、動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病 があるそうです。 ※はなをり公式HPを参考

温泉はサラサラとした透明な温泉で、個人的には効能はあまり感じませんでした。

大浴場は内風呂が2つ、寝湯台のある露天風呂があり、香りもきつくなく、アメニティが充実していたし清潔だったので、大満足です。ちなみに、12月の内風呂はシルキー風呂でした(^^)

スポンサーリンク

はなをりの夕飯・朝食はブッフェスタイル

はなをりの夕飯・朝食はともにブッフェスタイルでした。

コロナ対策にビニール手袋をつけます。ドリンクはドリンクバー以外にも注文できます。

↓食事をしながら芦ノ湖とテラスの円盤がみえます。
ashinoko

hanaori-niwa

はなをりの夕飯

夕飯は、小鉢に入った和食の前菜の後、フレンチ・パティシエのデザートを楽しめます。

メインは2種類あり、前菜後に個数で注文できます。
hanaori-dinner
↑小鉢の前菜がすべて美味しい!!もう入らない…と言いつつデザートも食べる…↓2種類のメインや野菜もたくさんあるのですが、盛り付けがひどすぎて写真をお見せできず…野菜も新鮮でおいしかったです^^*
hanaori-dezert

はなをりの朝食

朝食は和食と洋食(パン・グラノーラ等)両方用意されていました。

↓野菜(果物?)ジュースはその場でミキサーに入れて作ってくれました。美味しい!!パン食べすぎ・・・?クロワッサンは焼き立てのものが食べれます♪サクサク♪
hanaori-breakfast

スポンサーリンク

アクセス

はなをりのアクセスは、箱根ロープウェイ「桃源台」駅から徒歩2分になります。桃源台駅からグレーの大きな建物(はなをり)が見えます。

小田原駅からは、ホテル無料送迎バスが運行してます。小田原駅東口バス乗り場か、 箱根湯本駅前バス乗り場から、伊豆箱根バスでも来ることはできます。

無料送迎バスは、予約制なので、宿泊前日までに申し込みが必要になります。

▼▼楽天トラベルで「はなをり」の価格と予約状況をチェック!
>>箱根・芦ノ湖 はなをり

>>箱根・芦ノ湖のおすすめ観光スポットはこちら【楽天トラベル】

スポンサーリンク

はなをり周辺の観光

はなをりに着く前に、彫刻の森美術館に立ち寄りました。

車でなく、はなをりに行くなら、「箱根フリーパス」は購入必須!!です。

あと夏休みや年末などは、彫刻の森美術館のチケットを買う時に並ぶことになるので、事前にチケットを購入しておくとスムーズに入場できます。

箱根フリーパスはロマンスカーの特急券は別途支払いが必要ですが、8種類の乗り物が乗り降り自由になります。

例えば、新宿からロマンスカーだったので、その後、箱根山鉄道で彫刻の森美術館前まで行き、また箱根山鉄道で強羅まで行きました。

新宿(ロマンスカーの特急券は別途支払)で箱根湯本駅

箱根山鉄道(強羅)

箱根登山ケーブルカー(早雲山)

箱根ロープーウェイ(桃源台)

はなをり ★ここまでの移動手段が全てフリーパスで行ける!

2日目は、箱根神社に行きたかったので、はなをりから徒歩2分の遊覧船乗り場へ。

遊覧船で元箱根へ(フリーパス利用)

徒歩で箱根神社

箱根園から駒ケ岳ロープーウェイで箱根元宮へ

元箱根から箱根登山バス(フリーパス利用)

小田原・箱根湯本

もう、フリーパスをフルで使いました。。

移動費って地味にかかるからすごく助かった!

ただ、元宮神社の駒ケ岳ロープーウェイは別会社(西武)らしく、割引にはなるのですが、完全フリーにはなりませんでした。(ちなみに、おとな料金で1,600円かかります。箱根フリーパスを持っていると、往復運賃10%OFFになります。)

箱根神社から箱根元宮や箱根園、九頭竜神社に行かれる方は、伊豆箱根バスを使うか、徒歩になります。伊豆箱根バス(西武)では箱根フリーパスは使えません。残念。。

↓箱根元宮 富士山と芦ノ湖、伊豆半島、房総半島が見渡せます。
hakone-shrine

ただ、一部車道もありましたが、芦ノ湖の周りを歩くのはいい気分転換になりました。

箱根神社から箱根園(元宮のロープーウェイがでているところ)まで1時間もあれば歩いていくことができます。歩くのが速い方なら、箱根神社から大体40分で箱根園、箱根園から20分くらいで九頭竜神社に着きます。

途中の
・絶景日帰り温泉 籠宮殿本館
・小田急 山のホテル(ランチ)
・箱根九頭龍の森

でも、フリーパスの割引があります。箱根フリーパスの詳しい割引情報はこちらの箱根ナビをご覧ください。

>>箱根・芦ノ湖のおすすめ観光スポットはこちら【楽天トラベル】

スポンサーリンク

はなをりの口コミ【宿泊体験レビュー】まとめ

はなをりの宿泊体験口コミレビューをまとめると、

・湖畔側ではないカジュアルツインは正直普通。その代わり安い。
・年末年始の予約は3ヶ月前にとるべし。それでも湖畔側しかなかった…
・温泉は透明でサラサラしている。
・大浴場のアメニティはかなり充実している。
・ビッフェはすべて美味しい。小鉢なのも嬉しい。芦ノ湖を眺めながら、ゆっくり食事できる。
・ロビーからの風景やドリンク、インテリアが充実している。
・はなをりに車以外の電車やバスで行くなら、箱根フリーパスがお得。

以上になります。はなをりや箱根・芦ノ湖旅行を是非お楽しみください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼▼楽天トラベルで「はなをり」の価格と予約状況をチェック!
>>箱根・芦ノ湖 はなをり

>>箱根・芦ノ湖のおすすめ観光スポットはこちら【楽天トラベル】

コメント

タイトルとURLをコピーしました