初心者にはキツイ?両神山 日向大谷コースの鎖場画像ブログ

forest-park旅行

両神山の初心者向け日向大谷コースに11月に登りました。

このブログでは、初心者にはキツイ!といわれる坂道や鎖場、所要時間や頂上までの行き方を画像付きで紹介します。

両神山(1723m)に初めて登る方の参考になれば幸いです^^

▶▶秩父の人気観光スポットはこちらをチェック【楽天トラベル】

スポンサーリンク

両神山への行き方

ryokami-map1
日向大谷口バス停からまず両国山荘へ。
途中に有料トイレ(1回100円)があり、登山届を出すところがあります。

path
両神山の登山道はかなり細く、となりに小川が流れています。何度か石を渡って小川を横切ります。

river
川の流れは結構早いです。

red-wall
登山途中に赤玉石?らしき赤い立派な岩がゴロゴロ。

house
2時間ほど歩いて、清滝避難小屋にやっと到着!

トイレ休憩&お昼。お店はやってなかったですが、小屋の中に入って休むことができます。使わなかったけど、お布団もあり。

清滝避難小屋を出発し、さらに坂を登ると…
rock
大きな岩や、鎖場がゴロゴロ…!

下りは必要かもですが、登りは鎖なしでも登れます。
cheen
尾根に到着。

さらに坂道と鎖場が続き…
ryoukami
やっと!!!頂上!!!頂上はそんなに広くないので、すぐ下山しました。
ryoukami2
晴れてたら富士山や八ヶ岳・北アルプスも望めるそうですが、天気予報では夕方から雨。

丁度、頂上ではハラハラと雪が降ってまいりました。。

両神山レベルを登るなら、登山靴で登るのがおすすめです!
>>楽天で売れてる靴ランキングをみる

スポンサーリンク

日向大谷口バス停~両神山までの所要時間

ryoukami-map
両神山の日向大谷コースは所要時間約7.4時間のコースです。

日向大谷口バス停10時出発して、再び日向大谷口バス停に戻ってきたのは17時でした。

夕方からほぼ日が落ちて道が見えなくなるので、携帯のライトを照らして下山しました。
余裕がある方は、両神山荘に泊まって、お昼くらいに下山する方が安全です。

↓マップに記載してある所要時間を表にしました。

日向大谷登り降り
会所35分25分
清滝避難小屋1時間30分1時間15分
産泰尾根30分15分
両神神社
御嶽神社
35分25分
両神山30分20分
スポンサーリンク

日向大谷口バス停までの行き方

bus-time-table
↑日向大谷口バス停の時刻表。恐ろしいほど本数がないので、要チェックです!

ラビューで池袋から西武秩父へ。

西武秩父駅発(小鹿野町営バス・4乗り場)8時20分発

日向大谷口バス停 9時48分着

終点薬師温泉で乗り換えました。バスの運転手さんに乗り換え切符をもらうと少し200円くらい?安くなります。
あとマップももらえます。

他のコース、八丁峠や七滝沢コースは上級者コースで事故も多いそうです。
人気なのは5月頃で、ピンク色のヤシオツツジや新緑が楽しめるとのこと。

11月の両神山はかなり寒く、けっこうなキツさでしたが、鎖場体験ができて楽しかったです!
初雪もみれたし、帰りは西武秩父の駅直結にある祭りの湯で暖まり、いい登山収めになりました^^

この記事が初めて両神山に登りたい方へ参考になれば幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▶▶秩父の人気観光スポットはこちらをチェック【楽天トラベル】

コメント

タイトルとURLをコピーしました